2017年02月04日

タミヤ 1/48 三式戦闘機 飛燕一型丁 part.20

完成いたしました、タミヤさんの飛燕。

ki_61_65.jpg

ki_61_66.jpg

ki_61_69.jpg

組み上げての感想としては
●まずは皆様もおっしゃいますが、非常に組みやすい
●至る所に組み立てに対する配慮があり安心できる
●適度なパーツ分割で作りごたえ満点です

自分自身の反省としては
●最後にキャノピーを少々汚してしまった
●若干ザラつきがあり、もう少し機体の銀が滑らかになれば

とはいえ、飛行機初心者の方でも
非常に楽しめるのではないでしょうか。
是非ともお勧めしたいキットです。
今年5月の静岡HSに持参しようと考えています。
(気が早いようですが)

さて、次はこれです。

sws_f4j_001.jpg



posted by 瓦版や at 17:31 | タミヤ 1/48 三式戦闘機 飛燕一型丁

2017年02月01日

タミヤ 1/48 三式戦闘機 飛燕一型丁 part.19

今日は、ほんの少し
ディテールアップと言いますか、
アンテナ線を取り付けます。

ki_61_62.jpg

塗装指示に従い、キャノピー後ろの
アンテナ支柱は取り付けていませんので
ピンバイスで穴を開け、
差し込み瞬着で固定。
垂直尾翼にも開口し結びつけるようにして
こちらも瞬着で固定しておきます。
その際に使用した素材がこちら

ki_61_63.jpg

モデルカステンのストレッチリギングです。
何が良いかと言って
その名の通り、ストレッチ
いわゆる伸縮するのでほんの少し
テンションを掛けて引っ張るだけで
撓むこと無くピンと張れます。
大戦機などには必須ではないでしょうか。

さて、いよいよ次回で完成するのか?



posted by 瓦版や at 00:05 | タミヤ 1/48 三式戦闘機 飛燕一型丁

2017年01月29日

タミヤ 1/48 三式戦闘機 飛燕一型丁 part.18

ラストスパートって感じになってまいりました。
タミヤさんの飛燕。
前回、デカールを貼り終え乾燥させておりました。
今回はクリアコートとスミ入れです。

ki_61_59.jpg

今回はクリアコートをMr.カラーのつや消しクリアにて
行いました。
ピカピカ、よりは若干くすんだ感じを目指しましたので
つや消しクリアにごく微量のスモークを混ぜています。
クリアコートが乾燥したらスミ入れを。
全体にごく薄いエナメルのつや消しブラックを
塗ってから溶剤を染み込ませた
ティッシュで豪快に拭き取り。
若干残っても汚れですよ〜〜というノリです。

ki_61_60.jpg

その後で左主翼の着陸灯を接着しました。
内部はシルバーで塗装。
ライトの鏡面にはハセガワのミラーフィニッシュを貼り
周りとの差をつけてみました。

ki_61_61.jpg

小さすぎてよくわかりませんけどね。



posted by 瓦版や at 20:40 | タミヤ 1/48 三式戦闘機 飛燕一型丁

2017年01月25日

タミヤ 1/48 三式戦闘機 飛燕一型丁 part.17

飛燕の進行状況です。

ki_61_57.jpg

脚カバーもマスキングにて塗装。
タイヤ・脚柱を取り付けておきます。

ki_61_58.jpg

キャノピーのマスクは残したまま
デカールを貼りました。
国籍マークや各種の帯などを
塗装したので、貼るべきデカールは
注意書きがほとんど。
目立つところは尾翼の部隊マークと
主翼上面の「ナ ム フ」くらいです・・・。

あとはしっかりと乾燥させてから
クリアコートに取り掛かるようにします。



posted by 瓦版や at 22:23 | タミヤ 1/48 三式戦闘機 飛燕一型丁

2017年01月22日

タミヤ 1/48 三式戦闘機 飛燕一型丁 part.16

タミヤさんの飛燕、
パネル毎に少々ですが塗り分けてみました。
ちょっと黒っぽすぎたか・・・。

ki_61_54.jpg

まぁ、汚しますので・・・、
とごまかしてみます。

ki_61_55.jpg

そしてお楽しみのマスキング剥がし。
結果はどうあれ(良い結果であればなお良しですが)、
非常に楽しい工程です。
致命的な吹きこぼれ等も無く
無事に次の工程へ移れそうです。

ki_61_56.jpg

主翼下面の脚収納庫はこの段階で
周りをマスクして塗装します。
この部分は私としては
先に塗装するとマスキングが
逆に面倒というか、複雑になりそうなので
いつもこの方法で塗装しています。

いよいよ次はデカール貼りです。



posted by 瓦版や at 17:12 | タミヤ 1/48 三式戦闘機 飛燕一型丁