2015年03月22日

ハセガワ 1/450 あたご part5

皆様、この週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?
私はひたすら鼻水と格闘、目もショボショボで何もできずでした。
はい、花粉なのか・・・PMなのか・・・。

それでも進む、あたごです。

atago_012.jpg

いきなり塗装が進んでおります。
調子に乗って進めていて途中写真がありません・・・。

atago_013.jpg

艦底色に船体はピットロードの海上自衛隊艦船カラーセットから
船体グレーにて船体を塗装。
どちらも基本的には縦にエアブラシを動かして塗装しています。

atago_014.jpg

船体グレー部分にはさらに明るいグレーでドライブラシ、
艦底も含めて全体をダークブラウンでウォッシングしています。
こちらも5月の静岡ホビーショーに間に合うかな?

posted by 瓦版や at 22:18 | ハセガワ 1/450 あたご

2015年03月15日

ハセガワ 1/450 あたご part4

あたご、塗装に取り掛かりました。

atago_009.jpg

まずはサーフェイサーとしてGSIクレオスの
フィニッシングサーフェイサー1500ブラックを塗装。
黒を下地としてそのまま使用するつもりです。

atago_010.jpg

さらに、喫水線にあたる部分にある黒帯としても
そのまま使おうという魂胆です。
通常、喫水線よりしたの艦底色、船体色を塗装してから
黒の帯を塗装するかと思いますが
私の手順としては
@まず黒帯を塗装してマスク
A艦底色を塗装してマスク
B最終的に船体色を塗装
の順に進めます。
ということで今回は黒帯のマスクまで。
次回には船体色の塗装程度までは進むでしょうか。

atago_011.jpg

posted by 瓦版や at 00:52 | ハセガワ 1/450 あたご

2015年03月08日

ハセガワ 1/450 あたご part3

ハセガワ 1/450 あたごが進行しております。
残りのパーツも船体に接着しました。

atago_006.jpg

艦橋後部、煙突廻りのパーツのみ
塗装が済んだ後、デカールを貼ってからの
取り付けとなるので接着せず、
別途塗装することとなります。

atago_008.jpg

前後の煙突上部のパーツも塗り分けラインで分割されています。
船体とは違い、ツヤ消しブラックでの塗装となりますので、
接着せず、塗装が済んだ後取り付けます。

atago_007.jpg

まだグレー1色なので、ブログの記事も
ちょっと色気の無い画像ですね。
そろそろ塗装に取りかかれそうですので
次回以降はカラフルな画像で・・・。

posted by 瓦版や at 14:02 | ハセガワ 1/450 あたご

2015年03月04日

ハセガワ 1/450 あたご part2

ハセガワ 1/450 あたごです。
船体部分を左右接着。
桁を挟み込んで固定しますので、
ずれる心配もなく、前後の甲板も接着しました。

atago_004.jpg

ほとんど隙間なく前後の甲板が取り付けられます。
また、船体中央の艦橋から煙突〜後部の
ヘリ格納庫までは1パーツで成形されています。

atago_005.jpg

細かいパーツを取り付けていきますが
画像の状態でほとんどひとかたまり!!
組み立てやすさと、良い意味での
時間の短縮が可能でサクサク組み上がり
非常に楽しみながら進められます。
このあともどんどん進めてまいります。

posted by 瓦版や at 23:50 | ハセガワ 1/450 あたご

2015年02月26日

今度のお題はこちらですっ!!

ハウニブーが完成して、早速次に取り掛かっています。
こちら、ハセガワの1/450 海上自衛隊イージス艦あたご。
まっさらの新金型製品です。

atago_001.jpg

1/450ってどんな大きさ?
と思われるでしょうが、実艦が大和などのように
巨大すぎることはないので、ホントそれなりの大きさで、
楽しみやすいキットです。

atago_002.jpg

箱の横には「ほぼ原寸」の文字と一緒に
画像がありますので、売り場で手にとって大きさを
確かめてみてください。

atago_003.jpg

また、パーツを少なくし、初心者の方にも
手を出しやすいキットを目指しているようで
同じく箱の横には使用する接着剤などまで
紹介されています。お値段もお手頃かと・・・。
とはいえ、モールドぱっきぱきの新キット、
ベテランの皆様にも楽しめるのではと思います。
早速取り掛かってまいります。

posted by 瓦版や at 23:50 | ハセガワ 1/450 あたご