2016年05月05日

FLYモデル 1/32 フォッケ・アハゲリス Fa330 Part.2

連休を利用して、塗装しています。
最初は骨組みだけ・・・?

Fa330_007.jpg

回転翼にもエッチングなどを取り付けて。

Fa330_008.jpg

全体を黒サフで塗装してから
ライトブルーRLM76で塗装しました。

Fa330_010.jpg

Fa330_009.jpg

勢いに乗ってデカール貼りまで・・・。
といっても10箇所だけですけど。

Fa330_011.jpg

静岡に間に合うのかな?
ちょっと怪しくなってまいりましたが
引き続き進めていきたいと思います。

2014年05月04日

タミヤ 1/700 ドイツ重巡洋艦 プリンツ・オイゲン part3

プリンツ・オイゲンは貼り線の作業を。
もう少しで竣工させてあげられそうです。

今回も貼り線(空中線)にはメタルリギングの1号を使用。
ゼリー状の瞬着とサラサラの瞬着を使ってマスト等に固定していきます。
ほんの少しですが、コツみたいなものはわかったかも・・・。
とにかく、瞬着は少なめに、少なめに・・・。
とはいえ、まだまだ大きなダマが出来たりしますが・・・。
何とか静岡へ持参できそうです。

prinz_005.JPG

というわけで、次回は何をしようか・・・。
連休の合間にそんなことを考えていて、これを購入してきました。
「あきづき」を作ったので「秋月」を・・・という
至極単純な理由ですが、フジミの秋月です。
こちらもジワジワ進めていきます。
進捗状態は後ほど、このブログにて。

prinz_006.JPG

2014年04月20日

タミヤ 1/700 ドイツ重巡洋艦 プリンツ・オイゲン part2

プリンツ・オイゲン、ほぼ組み立てが完了しました。
船体全体はダークブラウンでウォッシング、スミ入れ的な効果を狙っています。
機銃をはじめ、各所でツヤの状態が違っていますので、
この後、全体をツヤ消しでクリアコートする予定です。
ディテールアップパーツ等、何も使っておらず
キット素組の状態ですが、貼り線だけは少しなりとも
してあげようかと思っています。

prinz_003.jpg

このプリンツ・オイゲンもできれば
静岡ホビーショーの合同作品展に持ち込めればと
思っています。

prinz_004.jpg

さらに、もう一隻間に合えばと思って起工しましたが、
そちらは後日、このブログにて進行状況をお伝えさせて
いただきます。

2014年04月07日

タミヤ 1/700 ドイツ重巡洋艦 プリンツ・オイゲン part1

金剛に引き続き、取りかかっています
タミヤ 1/70 ドイツ重巡洋艦 プリンツ・オイゲンです。
今回もディテールアップパーツは使わずストレート組。
さすがはタミヤ、仮組しても問題無く組み上がってきますが
塗装の段取りの為、まだほぼバラバラの状態にしてあります。
甲板部分を塗装、バルティックスキームにしようとしていますので
前後艦橋や煙突など各階層ごとに塗装を進めています。

prinz_001.JPG

おそらく・・・綺麗に完璧にラインが揃っていないかも・・・
と思いつつマスクをしながら仮組しながら・・・
順次進めています。

prinz_002.JPG

船体の塗装を終えてマスクを剥がしました。
甲板はMr.カラーのタン、板目毎にアースカラーや
微量のブラウンを混ぜたタンを数種、モールドに沿って
筆塗りしています。
船体はMr.カラーの31番・軍艦色1、
バルティックスキームの白は325番FS26440
黒に相当する部分は佐世保工廠色
砲塔の天蓋はMr.カラー114番・RLM23レッドです。
艦首・艦尾の甲板上の帯は赤・白とも塗装しました。
色々とはみ出しや滲みがあるので、各色筆塗りにて
レタッチを進めて行きます。