2016年08月28日

アオシマ 1/700 ドイツ戦艦 ビスマルク part.5

アオシマさんのビスマルク、
組み付けて問題の無い部分は先に組みました。
以外と小物パーツの塗装が残っているので
それらを済ませたらもう少し
らしい姿になることかと思います。

bis_015.jpg

写真の手前の進水したばかりのような船体は
タミヤさんの1/700ロドネイ。

rod_001.jpg

在庫を漁っていたら以外と艦船のキットを
持っていた事にちょっとびっくり。
今のキットとはパッケージの趣もちょっと違うような。
ビスマルクのパッケージと並べても
これだけ大きさが違います。
こちらも順次すすめますので、後ほどご覧いただけるよう
記事にしていくつもりです。

us2_001.jpg

こんなのも届いてしまいましたが・・・。
実は2016年の静岡ホビーショーで
もっとも期待したキットでございます。
やっと出たよぉ〜〜。

2016年08月24日

アオシマ 1/700 ドイツ戦艦 ビスマルク part.4

アオシマさんのビスマルク、
バルティックスキームのマスクを剥がして
構造物を組み付けましたが
甲板がちょっと単色で味気ない・・・か?

bis_014.jpg

というわけで、木目のモールドに沿って
筆塗りで色目の変化をつけました。
基本のタンにブラウンやホワイトを混ぜて
計5段階くらいの色を作って
極薄めにして筆でラインを書き込んでいきます。

bis_013.jpg

少しは重みというか、メリハリがついたかと思います。



2016年08月21日

アオシマ 1/700 ドイツ戦艦 ビスマルク part.3

ビスマルクのバルティックスキーム、
塗装が済んだので、いろんな意味で楽しみな
マスキング剥がしの作業にとりかかりましたw

bis_008.jpg

bis_009.jpg

盛大に吹きこぼれているかと思いきや・・・
まだ、比較的許容範囲でございました。

bis_010.jpg

bis_011.jpg

合わせて甲板のマスクも剥がしていきます。
こちらも後々、リタッチしていかないといけません。

bis_012.jpg

組み付けできる部分を組んでみました。
雰囲気は十分にあるかと思います。
さて、次々進めますか〜。

2016年08月16日

アオシマ 1/700 ドイツ戦艦 ビスマルク part.2

アオシマさんのビスマルクです。
無謀(?)にもバルティックスキームに挑戦です。
構造物の階層ごとにマスキングをしますが
幅に合わせて切り出したマスキングテープを
角度を決めてザクザク切り出していきます。

bis_004.jpg

まずは甲板を塗装しましたので、
バルティックスキームの一色目として
ホワイトを塗装。
真っ白ではなく、Mr.カラーの325番FS26440を使用しました。
結構グレーですけど・・・。

bis_005.jpg

でもって、切り出したマスキングテープを
それぞれの構造物に貼り込んでいきますが
ズレが無いように何度も重ねて横から覗きこんで
進めています。

bis_006.jpg

どうせ、と言っては何ですが
後でリタッチしますので、少々の事は目を瞑って
ガンガン貼り込んでいきます。

bis_007.jpg

この後は黒に該当する部分を塗装して
再びマスキングとなります。
長い道程でございます〜〜。

2016年08月15日

タミヤ 1/700 軽巡洋艦 阿武隈 part.4

各種ボート類、カッターなどを塗装して搭載、
艦載機も塗装して取り付けました。
1/700の飛行機はも〜〜大変です。
小さすぎ・・・。

abu_011.jpg

取り付けが必要なものは一通り
組み立て・接着が終わりました。
あとは少々余裕ができたときに
張り線をしてあげようと思っています。
というわけで、タミヤさんの阿武隈、
これにて一応の完成といたします。
ご覧頂きありがとうございました。
その他の艦船類はまだまだ続きます。


posted by 瓦版や at 21:48 | タミヤ 1/700 軽巡洋艦 阿武隈

2016年08月14日

ピットロード 1/700 イージス艦あたご part.4

あたごとあしがらは
船体の基本塗装を完了。
ちょっと汚してみようかな・・・
が、めちゃ汚れになってしまった・・・。
懸命に拭き取りをしております。

atago_017.jpg

このあと、細かい部分をリタッチ&塗装へと。
そろそろメドがつきそうなところにまで
やってまいりました。

atago_018.jpg

ディテールやパーツ分割、
組み立てやすさに対する配慮などなど
2つのメーカーさんの色々な部分での違いが見えて
非常に楽しめました。
こういうことができるのも模型の楽しみですかね。

2016年08月13日

ピットロード 1/700 イージス艦あたご part.3

いや〜、夏休みですので毎日更新です。
えっ?
普段もそれくらい真面目にやれと・・・。
はっはっは。

ええと・・・あたごとあしがらですが、
忘れていたわけではありません。
進めております。

atago_015.jpg

下地塗装として黒サフを塗装しました。
快晴の真夏ですので、あっという間に乾燥します。
見分けがつかなくなりそうですが・・・。

atago_016.jpg

ピットロードの自衛隊艦船カラーにて塗装。
この後、細かい部分を筆塗りなどで
仕上げに向かいたいと思います。
いや〜〜しかし・・・。
艦船4隻同時進行が結構大変です。
同じ塗装などでしたらよいのですが、
全て別物ですから・・・。
楽しすぎてたまりませんです、はい。

abu_010.jpg

あ、阿武隈も進んでますよ〜。

2016年08月12日

タミヤ 1/700 軽巡洋艦 阿武隈 part.3

進んでおります、阿武隈。
リノリウム部分を塗装の後、マスキング。

abu_006.jpg

船体を完全に好みですが
少々暗めの佐世保工廠色にて塗装。
楽しいマスキング剥がしのお時間でございます。

abu_007.jpg

ま、これくらいなら大丈夫でしょうか。
吹きこぼれなどもなくそのまま
次の工程に突入いたします。

abu_008.jpg

一連の作業中、艦底に持ち手として
スチロールの板を貼り付けていました。
所謂ハレパネというもので、若干粘着力を弱めて
使用しています。
サンドペーパーを貼ってスティック状に切り出したり
色々に使えます。

abu_009.jpg

posted by 瓦版や at 21:36 | タミヤ 1/700 軽巡洋艦 阿武隈